ドラクエ11極限攻略データベース

ドラクエ11のあらすじ

あらすじ:儀式

イシの村に住む主人公は、16歳の誕生日に儀式を迎えます。


儀式には、同じ日に生まれた村娘のエマと一緒に臨みます。


儀式の内容は、神の岩に登るというもの。 儀式を終えて自宅に戻ると、母親から、自分が勇者の子孫であることを知らされます。

あらすじ:デルカダールへ

儀式を終えた主人公は、故郷を離れ、馬に乗ってデルカダール王国へ向かいます。



デルカダール城で王に謁見すると、王は勇者を捕らえようとします。



逃げる主人公は、その過程で盗賊のカミュと出会います。カミュもデルカダールの牢屋に捕らわれており、主人公と同じくデルカダール王国に追われている身です。


デルカダール最強の将軍グレッグが追ってきますが、主人公とカミュは大滝に飛び込み、なんとか逃れます。




その後カミュが仲間になり、ともに行動することになります。



しばらくはカミュと2人で旅を続けることになります。


主人公は悪魔の子

デルカダール王は聡明な王として知られる人物。


その王が「勇者は悪魔の子」と言うのには、何か理由がありそうです。

あらすじ:その後

ベロニカ、セーニャが仲間になります。


旅芸人のシルビアが仲間になります。


マルティナ、ロウが仲間になります。


グレイグが追ってくるのは最初だけではありません。仲間が増えた後も何度も追ってきます。


主人公が剣を手に入れます。上半分が天空のつるぎ、下半分がロトの剣に似た形なので、かなり特別な剣だと思われます。キャンプ中に行える「不思議な鍛冶」のようなシーンです。


世界樹に似た「命の大樹」の前で、オーブを集めたらしき主人公が剣をかざすシーンがあります。



すると、命の大樹が光り輝くドラゴンに姿を変えます。







ドラクエ11極限攻略データベース