ドラクエ11極限攻略データベース

ヴァイパーファング

スキル:ヴァイパーファング 目次

ヴァイパーファングとは

説明:敵1体を斬りつけたまに猛毒にする 強敵にも効果あり。

ヴァイパーファングの基本情報

敵1匹に通常攻撃の1.2倍のダメージを与え、さらに相手を猛毒にする場合がある。猛毒のダメージは下記の通りで、効果は4〜7ターン。猛毒の成功率は敵のどく耐性により異なり、どく耐性がない相手は50%程度の確率で猛毒にできる。

※もうどくのダメージはPS4では敵にターンが回ってきた瞬間に発生、3DSではターンの最後に発生。ダメージ量は敵の最大HPによって異なり、最大HPが800以下の敵は「最大HP÷16+0〜5」となる。但しHP800以上の敵は50〜55ダメージとなる。
項目ヴァイパーファングのデータ
分類攻撃特技(倍率系)
消費MP3
属性なし
追加効果猛毒
会心通常の25%

ヴァイパーファングを覚えるキャラとヴァイパーファングの修得条件

  • カミュ:短剣スキル(消費SP:7)
  • シルビア:短剣スキル(消費SP:13)

ヴァイパーファングの評価

スキルお勧め度:95点

ヴァイパーファングは敵を攻撃しながら猛毒状態にする特技。敵を猛毒状態にすれば、毎ターン自動的にダメージを与えていくことができます。

猛毒のダメージは敵の最大HPによって異なるので、ボスなどHPが高い敵には特に効果的です。

猛毒状態の敵に短剣スキルのタナトスハントを使うと、通常の6倍以上のダメージを与えることも可能。ヴァイパーファングとタナトスハントを組み合わせることで、短剣の火力を最大限に引き出すことができます。

短剣スキルには、敵を眠らせるスリープダガーもあります。動ける敵の数を減らして敵の攻撃を和らげたい場合はスリープダガー、敵にどんどんダメージを与えていきたい場合はヴァイパーファング、と使い分けると良いでしょう。








ドラクエ11極限攻略データベース